宝塚歌劇団 星組で再演希望!勝手に妄想配役『ミー&マイガール』

  • 2020年9月15日
  • 2020年9月16日
  • 妄想

みなさん、こんにちは!マリアです。

宝塚で公演してほしい作品、再演してほしい作品って、沢山ありますよね!

私も過去の記事やYouTubeで各組に再演してほしい作品など書いてきましたが、今日はそこでも紹介した、星組で再演してほしい作品『ミー&マイガール』について妄想配役を考えてみました!

あくまで個人的な勝手な妄想なのでご了承ください😅

ミー&マイガールのあらすじ

元々は1937年にイギリス・ロンドンで初演されたミュージカル
物語の舞台もイギリス・ロンドン

急遽、ヘアフォード伯爵家の跡取りになることになった、ロンドンの下町っ子ビル

彼にはサリーという恋人がいますが、伯爵家の跡取りになるビルとは身分階級が違うからという理由で、サリーは公爵夫人の計らいで遠ざけられてしまいます。

ヘアフォード家の個性豊かな登場人物がビルとサリーの2人にコミカルに絡んで、最後にはハッピーエンド
それまでのドタバタがとっても面白くて最高にHappyでハートフルなミュージカルです。

宝塚歌劇団 これまでの上演の歴史

1987〜1988年:月組公演

なんと!初演は1年間を通してのロングランだったんですね。
ひとつの組が2作連続で同じ作品の公演をするなんて、今では考えられないですよね。

1995年:月組公演

初演の新人公演で主演のビルを演じた天海祐希さん、相手役の麻乃佳世さんのサヨナラ公演です。
私も大劇場でこの公演観ました!

2008年:月組公演

この公演は、私の同期の彩乃かなみのサヨナラ公演でしたね。
みほこのサリー可愛かったなー

この辺りから役替わりが盛んに行われてます。

2009年:花組公演

ここで初めて月組以外の組での上演になりましたが、別箱公演だったため選抜メンバーのみの出演でした。

2013年:月組公演

こちらも別箱での公演のため、選抜メンバーのみでの公演
ここまでを見ても圧倒的に月組の上演が多い作品ですよね。

2016年:花組公演

花組としては初の大劇場、東京での公演となりました。
ジョン卿、ジャクリーン、ジェラルド、パーチェスター、マリアの5役が役替わり

新人公演も1幕、2幕で主要キャストを入れ替えるというファンにとってはとっても見応えのある公演でした。

星組でも上演してほしい!妄想配役!

これまでの上演記録を見ると月組のイメージが強い作品ですが、個人的にはきっと今の星組なら、このハートフルHappyミュージカルが似合うと思います!

と言うことで(笑)私が勝手に考えた妄想配役を発表しちゃいます。

ビル:礼真琴

こっちゃん(礼真琴さん)のビルは私的に絶対似合うと思うんです!
ねねちゃん(夢咲ねねさん)のミュージックサロンでミー&マイガール歌ったときに、めちゃくちゃ良い!って感動しました。

下町育ちのやんちゃなビル
そのチャーミングな役柄とこっちゃんのチャーミングさが見事にマッチするはず!

ミー&マイガールの主題歌をタップを踏みながらなこちゃんとデュエットする姿はとっても可愛いだろうなー❤️

想像しただけでもキュンキュンします。
ぜひ観てみたいです。

サリー:舞空瞳

なこちゃん(舞空瞳さん)があの衣装着てるのも容易に想像出来るほど似合うと思います!

ビルと同じ下町育ちなので言葉遣いは悪いけど、可愛くて女の子らしくてビルが大好きなサリー

なこちゃんバージョンでは、サリーにもっと踊ってほしい(笑)

きっとこれから色んな役をされるので、どんどん成長していくなこちゃんに、サリーを素敵に演じて欲しいです!

ジョン卿:愛月ひかる

この役はやっぱり愛ちゃん(愛月ひかる)がピッタリでしょう!

ビルとサリーの良き理解者になり、2人の協力者として応援してくれる、心温かいジョン卿
愛ちゃんならとっても上品で素敵なおじさまになりそうですよね。

クラシカルな雰囲気がピッタリだし、ビル、サリー、マリアそれぞれとの絡みが見てみたい!この役は愛ちゃん一択です!

マリア公爵夫人:音波みのり / 有沙瞳

正直このマリアに関しては、やってほしい娘役さんが多すぎで悩んでしまいました!

番手的に考えるとはるこちゃん(音波みのりさん)、くらっち(有沙瞳さん)の2人で役替わりかなーと思います。
公爵夫人としての品の良さや、威厳、そして見え隠れする可愛さも表現してくれそうですよね。

他にもなっちゃん(白妙なつさん)もきっと似合うし、歌うことも重要な役なので、あんるちゃん(夢妃杏瑠さん)も良いかなー

もぉー、色んな人で見てみたい!

ジャクリーン(ジャッキー):瀬央ゆりあ / 極美慎

せおっち(瀬央ゆりあさん)に、あえて今、女役に挑戦してみてほしい!
そしてそんなせおっちのジャッキーが観たい!

これまでお芝居通しで女役をやったことがないと思うのでぜひ!

キワミ君(極美慎さん)のジャッキーは、きっとスラリと長い手足で女役も綺麗だと思うので是非観てみたいですね。

この役は毎回役替わりになってるので、この2人で役作りの違いも楽しみたいです。

ジェラルド:綺城 ひか理 / 天華えま

このジェラルドはジャッキーに振り回される情けない男の人ですが、あかさん(綺城ひか理さん)、ぴーすけくん(天華えまさん)の2人なら全く違ったアプローチで、面白い役作りをしてくれそうなので、この2人で観たいです!

ジャッキーとの組み合わせによっても楽しみ方が広がりますね。爽やかに、そしてコミカルに2人が演じる姿を勝手に想像して楽しんでます。

パーチェスタ:瀬央ゆりあ / 天寿光希

この役は、本当に本当にめちゃくちゃ面白くて、めちゃくちゃおいしい役だけど、めちゃくちゃ難しい役だと思うので、役替わりでミッキー(天寿光希さん)とせおっちで観たいです!

何気にこの2人がパーチェスターやってる姿はかなり想像出来ます!

花組で公演した時のれいちゃん(柚香光さん)も、ある意味新しい扉を開けた感じで面白かったですが、ミッキーとせおっちなら持ってる引き出しでおいしく演じてくれそうなのでこの2人で!

はい、という訳で、今回はまたまた私の勝手に妄想配役にお付き合いいただき、ありがとうございました😊

宝塚では素敵な作品を沢山上演してきたので、是非これからもそんな素晴らしい作品を再演して楽しませてほしいなと思います。

やっぱり宝塚って本当に良いものですよね❤️

それではまた次回もお楽しみに!

ブログランキング参加中です。
ポチッと応援クリックいただけると嬉しいです!

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ